胡弓奏者・木場大輔の日々の出来事を、思いつくままに綴ります。
 
<< 古事記 取材の旅 | main | 市川海老蔵氏スペシャル動画「古典への誘い」× KODACHI 〜木立〜 第二弾! >>
古事記 取材の旅2
0
    古事記取材の旅 前回の続きです。

    大神神社には古来本殿がなく、御神体の三輪山を仰ぐ、古態の信仰を伝えています。
    その三輪山の神である大物主神が、勢夜陀多良比売に恋をして産ませた子が、初代神武天皇の皇后となる、伊須気余理比売(いすけよりひめ)です。

    大神神社の摂社のひとつ、狭井神社に行ってみました。
    古事記によると、ここの傍らを流れる狭井河の上流に伊須気余理比売の家があり、神武天皇もそこで伊須気余理比売と一夜を過ごされたことが記されています。
    また、この狭井神社の境内には三輪山への登拝口があり、狭井神社で手続きをすれば、大神神社の御神体である三輪山への入山登拝も可能ということには驚きました。いつかチャレンジしてみたいです。

    そして、久延彦神社へ向かう途中に、小高い丘の展望所があります。



    枝垂桜や八重桜が満開でした!大神神社の大鳥居も見えます。


    ハチが多くて写真撮るのに苦労しました。(^_^;) まだ今週末は見頃が続いていると思います。

    ほか、日向神社、天皇社、久延彦神社などの摂社を巡って、三輪素麺を食べて、土産に銘菓「みむろ」を買い、橿原へ。

    まだ続きます。
    【2014.04.19 Saturday 09:57】 author : KIBA
    | - | comments(0) | - | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする