胡弓奏者・木場大輔の日々の出来事を、思いつくままに綴ります。
 
<< 内子町並観月会 | main | 滋賀・草津宿本陣にて生糸コンサート開催です >>
地歌「虫の音」の舞台、松虫塚
0
    このところ、京都嵐山でのホリ・ヒロシさんの人形舞の会や、竹澤悦子さんとの千葉市美術館「鏑木清方と江戸の風情」展での演奏など、バタバタしつつも一流の美しい人形や日本画に沢山触れる幸せな日々です。
    ところで、先日ふと大阪天王寺にて時間ができたので、かねてから訪問したかった松虫塚を訪ねてみました。


    阪堺電車。通称、チン電。数年前の朝ドラ、てっぱんでもお馴染みになりましたね。


    駅名も、「松虫」。そのまんまです。


    松虫塚です。道幅のある道に、こんなにせり出しています。区画整理の荒波を乗り越えて、よくぞこの平成の世まで残ったものです。





    この阿倍野一帯は古くから松虫(現在の鈴虫)の名所として知られ、それにまつわる様々な伝承があり、それらをもとに能の松虫がうまれ、それを土台に地歌「虫の音」がうまれました。
    今からは想像もつきませんが、当時の貴重な記憶を残すこの松虫塚が地元の方々の努力で守られていることに、深く感じ入りました。
    【2014.09.17 Wednesday 11:43】 author : KIBA
    | - | comments(0) | - | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする